s-3-03-004.jpg

<<早坂式吃音(どもり)改善術 >>


子供のどもり 治し方

kodomo.jpg

2〜3歳位の幼児がどもる(吃音)のを「一次性吃音」と言い、
全体の約10%から30%に現れると言われています。

言葉を覚えたばかりの小さな子供が、話したいことが
沢山あるのに言葉がついてこなくて、焦るあまりに
どもってしまうのです。


家族としては普通に話せないことに対し苛立ちを
覚えるかも知れません。

この一次性吃音は多くの場合、成長と共に次第に目立た
なくなっていきます。
が、一部にはそのまま、大人になってまで続くものもあります。

そして、
重大なのは小学生になって就学前まで普通に話せていた
お子さんで、何かきっかけがあって吃音症状が現れるケース。


小学生ともなると、自分がどもりであることを自覚できます。

また、自分で「どもり」を気にしている上に、
情け容赦なく、感じたことをズバズバ指摘してくる友達。
それらがプレッシャーになり、余計に「どもり」が
悪化してしまう場合もあります。

どもりの子供は自分でコントロールできません。
自分で自分のしゃべり方がコントロールできないことで、
最悪の場合、イジメや不登校にも繋がりかねません。


また、それらが原因で、
うつ病、対人恐怖症、社会恐怖、引きこもりなどの
二次障害にも繋がる場合もあります


学校によっては、相談に応じている窓口もあるようです。
また病院では、小児精神科もしくは心療内科で
吃音小学生用コミュニケーション態度自己評定尺度や
TS式幼児・児童性格診断検査を受けることも出来ます。
場合によっては、利用するのも良いと思います。

「ことば」の専門家である言語聴覚士の
早坂先生の「自宅で出来るどもろ改善法」は下記から。
  → 早坂式吃音(どもり)改善術


関連記事
 吃音・どもり・克服法
 吃音解消|どもりを治す単純な3ステップ
 人の感情をぐんぐん惹きつける会話術





posted by どもり改善 at 05:07 | 子供のどもり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


s-3-03-004.jpg

<<早坂式吃音(どもり)改善術 >>


大人のどもり克服には
3週間改善ガイドブック


どもり克服の関連サイト
どもり克服マニュアル売れ筋ランキング


優待内容
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。